愛知名古屋 交通事故の損害賠償請求・慰謝料請求専門の弁護士 法律事務所「虎ノ門法律経済事務所-名古屋」

名古屋支店交通事故

文字サイズ
文字サイズ 小
文字サイズ 標準
文字サイズ 大

サイトマップからページを探す

交通事故の場合,物損の慰謝料は認められないの?

2015-05-12

名古屋市緑区で発生した交通事故

名古屋市在住のHさんは,名古屋市緑区で,自動車同士の交通事故に遭ってしまいました。

Hさん自身には,大きな傷害はありませんでしたが,Hさんの乗っていた自動車は,大きく損傷してしまい,修理を要することになりました。

Hさんは,損傷を受けた車両に強い思い入れがあり,同車両が損傷したことについて,経済的な損害だけではなく,慰謝料まで請求したいと思いましたが,保険会社より,物損の場合には慰謝料は認められない旨説明されました。

Hさんは,交通事故の場合に,物損慰謝料が認められるのか確かめるために,弁護士事務所の無料相談に行きました。

 

基本的には物損の慰謝料は認められません。

交通事故により,傷害を被り,入通院を要した場合には,慰謝料が認められます。

また,交通事故により,後遺障害が残った場合には,後遺障害慰謝料が認められます。

しかしながら,交通事故による物損の場合には,基本的には,慰謝料は認められません。

 

物損の慰謝料が認められる場合とは?

社会通念上認められる特別な主観的・精神的価値を有し,財産的損害の賠償を認めただけでは足りない場合には,物損慰謝料が認められる可能性があります。

また,加害行為が著しく反社会的で,財産に対する金銭賠償だけでは償えないほどの精神的苦痛を受けた場合にも,物損慰謝料が認められる可能性があります。

とはいえ,たとえ事故車両に思い入れがあった場合でも,同車両が損傷したことによる慰謝料が認められる可能性は極めて低いでしょう。

Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.