愛知名古屋 交通事故の損害賠償請求・慰謝料請求専門の弁護士 法律事務所「虎ノ門法律経済事務所-名古屋」

名古屋支店交通事故

文字サイズ
文字サイズ 小
文字サイズ 標準
文字サイズ 大

サイトマップからページを探す

Archive for the ‘慰謝料’ Category

後遺障害を負った場合に,近親者にも慰謝料は認められる?

2015-04-04

名古屋市緑区で発生した交通事故

名古屋市在住のJさんは,名古屋市緑区で交通事故に遭い,後遺障害を負ってしまいました。

Jさんは,交通事故を原因とする損害賠償を請求したところ,保険会社より,後遺障害慰謝料の金額を提案されました。

Jさんは,自身の後遺障害慰謝料に加えて,自身の介護をしなければならなくなった近親者からの慰謝料を,自身の後遺障害慰謝料とは別に請求したいと思いましたが,保険会社の担当者からは,交通事故被害者本人分しか認められないと回答されました。

Jさんは,保険会社の説明に納得できなかったため,弁護士事務所の無料相談に行きました。

 

近親者にも,慰謝料が認められる場合があります。

交通事故被害者が,死亡に比肩するような精神的苦痛を受けた場合のように,重度の後遺障害を負った場合には,近親者にも,交通事故被害者とは別に,慰謝料が認められます。

ただし,近親者慰謝料については,交通事故被害者の後遺障害慰謝料でいうような後遺障害別等級表といった基準は存在しませんので,個別具体的な事情を総合して,金額が算定されることになります。

例えば,交通事故被害者が,介護が必要な上位等級の後遺障害を負った場合に,近親者の固有の慰謝料を認めたと思われる裁判例があります。

後遺障害慰謝料とは,どのように算定されるの?

2015-04-03

名古屋市天白区で発生した交通事故

名古屋市在住のIさんは,名古屋市天白区で交通事故に遭い,後遺障害を負ってしまいました。

Iさんは,交通事故を原因とする損害賠償を請求したところ,保険会社より,後遺障害慰謝料の金額を提案されました。

Iさんは,保険会社から提案された後遺障害慰謝料の金額が相当なものなのか確かめるため,弁護士事務所の無料相談に行きました。

 

後遺障害慰謝料とは

後遺障害とは,「傷害がなおったとき身体に存する障害」をいい,「なおった」とは,傷病に対して行われる一般に承認された治療方法をもってしても,その効果が期待しえない状態で,かつ,残存する症状が,自然的経過によって到達すると認められる最終の状態に達したときをいいます。

後遺障害慰謝料とは,これ以上治療を継続しても治療効果が上がらないときに,その苦痛,外見の悪さ,生活への影響等に対する賠償として認められるものです。

 

後遺障害慰謝料の算定方法

後遺障害慰謝料は,自賠責の後遺障害別等級表を使用して算定されるのが一般的です。

後遺障害慰謝料の算定にあたっては,通常,余命年数は考慮されません。

この点については,苦痛の期間という観点から,高齢者の場合には後遺障害慰謝料を減額すべきとの見解もありますが,一般的ではないようです。

なお,裁判においては,損害保険料率算出機構による等級が参考とされることが多いですが,必ずしもこの等級にこだわる必要はないとされていますので,具体的な事案・障害に応じて,合理的根拠に基づく相当等級の主張を行うべきでしょう。

むち打ち症の場合には,傷害慰謝料は低額になるの?

2015-04-02

名古屋市緑区で発生した交通事故

名古屋市在住のHさんは,名古屋市緑区で交通事故に遭い,怪我をしてしまいました。

Hさんは,通院していた医師から,他覚症状のないむち打ち症である旨言われました。

Hさんは,交通事故を原因とする損害賠償を請求したところ,保険会社より,傷害慰謝料の金額を提案されました。

保険会社の担当者は,他覚症状のないむち打ち症の場合には,通常の怪我の場合より,傷害慰謝料は低額になると説明しました。

Hさんは,保険会社からの説明に納得できなかったため,弁護士事務所の無料相談に行きました。

 

傷害慰謝料が低額となる場合があります。

他覚所見のないむち打ち症の事案では,被害者本人の気質的なもの,年齢的なもの,被害者意識の強さ,賠償性神経症,老人性変形症,更年期障害等加害者の責めに帰すべからざる事由により,被害者の入通院が長引いている可能性があるという理由から,他覚症状のないむち打ち症の場合には,傷害慰謝料は低額とされる場合があります。

 

具体的にはどう算定されるの?

赤い本では,通常の入通院慰謝料表の金額の3分の2程度が基準とされており,青本では,下限の金額とする旨記載されています。

また,赤い本では,通院期間については,実治療日数の3倍程度を目安とする基準が採用されています。

傷害の部位・程度によって,傷害慰謝料は増額するの?

2015-04-01

名古屋市南区で発生した交通事故

名古屋市在住のGさんは,名古屋市南区で交通事故に遭い,怪我をしてしまいました。

Gさんは,交通事故を原因とする損害賠償を請求したところ,保険会社より,傷害慰謝料の金額を提案されました。

Gさんは,保険会社から提案された傷害慰謝料の金額が妥当なものなのか分からなかったため,弁護士事務所の無料相談に行きました。

 

入通院慰謝料表の金額より増額される場合もあります。

入通院慰謝料表の金額は,あくまで傷害慰謝料の金額の目安となるものです。

したがって,傷害の部位やその程度によって,入通院慰謝料表よりも,傷害慰謝料の金額が増額される場合もあります。

赤い本でも,「傷害の部位・程度によっては,別表Ⅰの金額を20%から30%程度増額する」とされており,青本でも,「症状が特に重い場合については,上限の2割程度の金額まで加算を考慮する」とされています。

 

傷害慰謝料が増額される具体的な場合

次のような場合には,傷害慰謝料増額が認められる場合があります。

・大腿骨の複雑骨折又は粉砕骨折,脊髄損傷を伴う脊柱の骨折等,苦痛や身体の拘束が強い症状の場合は,入通院慰謝料表の上限を基準とする。

・脳・脊髄の損傷や多数の箇所にわたる骨折,内臓破裂に伴う傷害の場合は,通常生命の危険があることが多く,これらの症例の場合で絶対安静を必要とする期間が比較的長く継続したとき,あるいは症状の回復が思わしくなく重度の後遺障害が残り,あるういは長期にわたって苦痛の大きい症状が継続したときなどは,特に症状が重いものとして,上限の金額の2割程度まで基準額を増額する。

・生死が危ぶまれる状態の継続,麻酔なしの手術等極度の苦痛,手術の繰返しの場合などは,傷害慰謝料を増額を考慮する。

傷害慰謝料を算定する際には,必ず入通院慰謝料表のとおりとなるの?

2015-03-31

名古屋市西区で発生した交通事故

名古屋市在住のFさんは,名古屋市西区で交通事故に遭い,怪我をしてしまいました。

Fさんは,交通事故を原因とする損害賠償を請求しようとしました。

すると,保険会社は,Fさんに対して,入通院慰謝料表を見せ,Fさんの場合に妥当な金額はこの金額であると説明しました。

Fさんは,保険会社から提案された傷害慰謝料の金額が妥当なものなのか分からなかったため,弁護士事務所の無料相談に行きました。

 

必ずしも入通院慰謝料表のとおりではありません。

入通院期間は,育児や仕事等の被害者側の事情や,病院側の事情で左右されることがあるため,客観性に乏しいものです。

また,過剰診療や,濃厚診療の問題もあります。

さらに,加害者が任意保険に入っていない場合には,自賠責の限度を超えると治療費を払ってもらえなくなる可能性があるため,入院の必要性があっても退院させてしまうといった事態が生じる可能性もあります。

したがって,傷害慰謝料を算定する際には,必ずしも入通院慰謝料表のとおりとなるわけではありません。

 

入通院慰謝料表が修正される場合があります。

例えば,通院が長期にわたり,かつ不規則である場合は,実日数の3.5倍程度を傷害慰謝料算定のための通院期間の目安とすることもあります。

また,通院が1年以上にわたり,かつ,通院頻度が極めて低く1か月に2~3回程度の割合にも達しない場合,通院を続けてはいるものの治療というよりはむしろ検査や観察的色彩が強い場合には,通院実日数の3.5倍を目安とする場合もあります。

さらに,被害者に幼児がいる場合や,仕事等の都合など被害者側の事情により特に入院期間を短縮したと認められる場合には,傷害慰謝料の金額を増額することもあります。

傷害慰謝料は,どのように算定されるの?

2015-03-30

名古屋市中川区で発生した交通事故

名古屋市在住のEさんは,名古屋市中川区で交通事故に遭い,怪我をしてしまいました。

Eさんは,交通事故を原因とする損害賠償を請求しようとしたところ,保険会社から,傷害慰謝料の金額の提案を受けました。

Eさんは,保険会社から提案された傷害慰謝料の金額が妥当なものなのか分からなかったため,弁護士事務所の無料相談に行きました。

 

傷害慰謝料とは?

傷害とは,交通事故により,身体が毀損されることをいいます。

傷害というのは,必ずしも肉体的な外傷を受けたことだけを指すものではなく,精神的・心理的な毀損や,内部的な疾患が生じた場合をも含みます。

傷害慰謝料とは,交通事故により傷害を被ったことによる精神的損害に対する慰謝料のことをいいます。

傷害慰謝料には,傷害による肉体的苦痛だけではなく,検査・治療のため入通院により時間がとられたこと,検査・治療により行動の自由が制約される煩わしさや不利益も含まれることになります。

 

傷害慰謝料は,入通院期間によって算出されます。

傷害慰謝料は,「原則として入通院期間を基礎として別表1を使用する。」(赤い本),「入・通院慰謝料表を基準として,上限額と下限額を算出し,その範囲内において妥当な金額を決定する。」(青本)と記載されているとおり,入通院期間を基準として算定されることが基本です。

加害者側の事情により,死亡慰謝料は高額となるの?

2015-03-28

名古屋市南区で発生した交通事故

名古屋市在住のDさんは,名古屋市南区で交通事故に遭い,死亡してしまいました。

Dさんの遺族は,交通事故を原因とする損害賠償を請求しようとしたところ,保険会社から,死亡慰謝料の金額の提案を受けました。

Dさんの遺族は,保険会社から提案された死亡慰謝料の金額は妥当なものかを確かめるため,弁護士事務所の無料相談に行きました。

 

加害者側の事情は,慰謝料を高額にする理由となるの?

慰謝料は,被害者の損害を補填するものであるという考え方があります。

この考え方からすると,加害者に悪性事情が存在したとしても,慰謝料の金額には影響がないことにもなります。

他方,慰謝料は,私的な制裁の側面もあるという考え方もあります。

この考え方からすると,加害者の悪性は,刑事罰における量刑と同様に,慰謝料増額事由となりえることにもなります。

 

加害者側の事情により,慰謝料が高額となるとされた事例もあります。

交通事故が発生したことについて,加害者の故意過失の種類が悪質であり,程度が大きい場合があります。

例えば,飲酒運転中に高速道路を逆走した事例,大型貨物自動車を酒酔い運転中に高速道路上で渋滞のため減速している普通乗用自動車に追突した事例,少年らの危険運転行為があった事例があります。

また,救護報告義務に違反するなど,交通事故発生直後の加害者の態度により,損害が拡大した事例もあります。

さらに,脇見運転はしていない等不合理な弁解に終始した事例,事故後逃走及び刑事裁判において虚偽の証言をした事例では,損害賠償における加害者の不誠意を根拠に,慰謝料増額した事例もあります。

死亡慰謝料が,基準よりも高額となることはあるの?

2015-03-27

名古屋市瑞穂区で発生した交通事故

名古屋市在住のCさんは,名古屋市瑞穂区で交通事故に遭い,死亡してしまいました。

Cさんの遺族は,交通事故を原因とする損害賠償を請求しようとしたところ,保険会社から,死亡慰謝料の金額の提案を受けました。

Cさんの遺族は,保険会社から提案された死亡慰謝料の金額は妥当なものかを確かめるため,弁護士事務所の無料相談に行きました。

 

一家の支柱の死亡慰謝料が高額となる理由は?

前回のコラムで説明したように,交通事故により亡くなった方が一家の支柱の場合には,死亡慰謝料高額となります。

これは,一家の支柱が死亡した場合,遺族は,精神的のみならず経済的支柱も失うこと,死亡した被害者としても,経済的に独立した家族を残して他界することに比べて,その悔しさ,無念さはひとしおであり,残された遺族の悲しみ,将来への不安は大きいことが原因と言われています。

 

扶養家族の数によって,死亡慰謝料が増額する可能性があります。

死亡慰謝料高額となる理由が上記のとおりだとすれば,被扶養者が多数の場合には,さらに死亡慰謝料増額を主張することができるとの考え方があります。

例えば,標準的な家庭は夫婦と子2人であることを理由に,標準的な家庭の人数である4人を超える家族において,交通事故により一家の支柱が死亡した場合には,死亡慰謝料増額する考え方もあります。

死亡慰謝料の金額とは?

2015-03-26

名古屋市中川区で発生した交通事故

名古屋市在住のBさんは,名古屋市中川区で交通事故に遭い,死亡してしまいました。

Bさんの遺族は,交通事故を原因とする損害賠償を請求しようとしたところ,保険会社から,死亡慰謝料の金額の提案を受けました。

Bさんの遺族は,保険会社から提案された死亡慰謝料の金額は妥当なものかを確かめるため,弁護士事務所の無料相談に行きました。

 

死亡慰謝料の金額とは?

交通事故による死亡慰謝料の金額は,交通事故の迅速処理の要請や,紛争当事者の公平感を充足させるべく,基準化・定額化が進んでいます。

裁判における基準の一つとしては,

一家の支柱については,金2700万円~金3100万円

一家の支柱に準ずる場合については,金2400万円~金2700万円

その他(独身者,子供,幼児等)については,金2000万円~金2400万円

とされています。

※なお,上記金額は,近親者固有の慰謝料も合わせた慰謝料額です。

 

一家の支柱とは?

ここで,一家の支柱とは,当該被害者の世帯が,主として被害者の収入によって生計を維持している場合をいいます。

また,一家の支柱に準じる場合とは,一家の支柱以外の場合で,家事の中心をなす主婦や,養育する子を持つ母親,独身者であっても高齢な父母や幼い兄弟を扶養しているような者をいいます。

慰謝料の調整機能とは?

2015-03-25

名古屋市港区で発生した交通事故

名古屋市在住のAさんは,名古屋港区で交通事故に遭い,傷害を負ってしまいました。

Aさんは,交通事故を原因とする損害賠償を請求しようとしましたが,保険会社からは,逸失利益を算定することはできないと告げられたうえで,慰謝料調整機能について説明されました。

Aさんは,保険会社の説明に納得できなかったため,弁護士事務所の無料相談に行きました。

 

慰謝料の調整機能とは

慰謝料調整機能とは,慰謝料が,財産的損害の不足分を補い調整する機能のことをいいます。

このことを,慰謝料の補完機能ともいいます。

 

慰謝料の調整機能が発揮される具体的な場面とは

慰謝料調整機能慰謝料の補完機能は,次のような場面で,発揮されることになります。

・財産上の損害が生じていることは確認できるが,立証の関係で認定できない場合

・受傷による将来の減収が明確ではないため,逸失利益の算出が十分ではないとき

・現在・将来ともに逸失利益がない場合,通常支出すべき費用を節約した場合等,一般的には生ずる損害が当該事件においては生じないとき

・男女の賃金格差を埋める場合等を,慰謝料で調整しようとする場合

このように,慰謝料額決定の際には,司法は,柔軟な姿勢で対応することがあります。

« Older Entries
Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.