愛知名古屋 交通事故の損害賠償請求・慰謝料請求専門の弁護士 法律事務所「虎ノ門法律経済事務所-名古屋」

名古屋支店交通事故

文字サイズ
文字サイズ 小
文字サイズ 標準
文字サイズ 大

サイトマップからページを探す

治療打ち切りと症状固定

 

1 治療打ち切り

交通事故の被害者となった場合には,交通事故により被った傷害について治療を受けることになります。

数か月治療を続けていると,あるとき,加害者や加害者側の保険会社から,「治療を打ち切りにしてください。」と言われることがあります。
これはどういう意味で,どう対応すれば良いのでしょうか。
簡単に説明します。
 

2 症状固定とは

交通事故による傷害は,始めのうちは治療により回復していきますが,数か月経過すると,どんなに治療をしても症状が一進一退になる時期があります。
この時期を,症状固定といいます。

症状固定となると,基本的には,加害者が被害者に対して治療費を支払う義務がなくなります。
このように,症状固定となると,加害者が被害者に対して治療費を支払う義務がなくなりますので,「治療を打ち切りにしてください。」と言われるのです。

なお,症状固定後も症状が残ったとき,それが後遺障害と認められた場合には,後遺障害に基づく賠償(後遺障害を負ったことで働きにくくなったことを原因とする逸失利益,後遺障害を負ったことを原因とする慰謝料等)を受けることができます。
 

3 治療自体を打ち切ってくれと言われているわけではない

このように,治療打ち切りというのは,厳密に言えば,治療費の支払いが打ち切られることを意味します。
ですから,注意すべきことは,治療自体を打ち切ってくれと言われているわけではありませんので,もし症状が残っているのであれば,治療を続けるべきということです。

被害者は,保険会社から治療打ち切りを宣告された後でも,健康保険を使って,治療費の一部を自己負担とすることで,治療を続けることができます。
 

4 症状固定・治療打ち切りとされたときの対応

それでは,保険会社から治療打ち切りと言われた場合には,どのように対応すべきなのでしょうか。
次に述べるような対応が考えられます。
 

(1)治療打ち切り後も治療を続ける

保険会社から治療打ち切りを宣告された場合でも,主治医を説得して,「症状固定には至っておらず,治療が必要である」という内容の診断書を書いてもらいます。
そして,その診断書を保険会社に示して,加害者の保険で治療が続けられるよう説得することが考えられます。

ただし,主治医の説得を試みても,主治医が症状固定の診断をしてしまい,上記診断書を作成してくれない場合があります。
 

(2)後遺障害認定手続へと進む

主治医と相談した結果,主治医が,症状固定になっているという診断をする場合があります。
この場合には,治療を止めるか,健康保険を使って治療を続けつつ,後遺障害の認定を受け,後遺障害についての損害賠償を請求することも考えられます。

ただし,後遺障害認定手続へと進んだとしても,後遺障害が認められない場合があります。
 

(3)どちらを選択するか

(1)のように,治療打ち切り後も治療を続け,治療費,通院慰謝料,休業損害を多く取得するか,それとも(2)のように,後遺障害認定を受けて,逸失利益,後遺障害慰謝料を取得するか。
このうちどちらが被害者にとって有利であるかは,ケースバイケースです。

どちらを選択した方が有利か,どちらを選択した方が確実かといったことは,将来の見通しを検討しながら,弁護士に相談のうえ判断すると良いでしょう。
将来を見据えた計画を立てるためにも,早めに弁護士に相談されることをお勧めします。

 

 
Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.