愛知名古屋 交通事故の損害賠償請求・慰謝料請求専門の弁護士 法律事務所「虎ノ門法律経済事務所-名古屋」

名古屋支店交通事故

文字サイズ
文字サイズ 小
文字サイズ 標準
文字サイズ 大

サイトマップからページを探す

交通事故の場合,代車料は認められないの?

2015-05-07

名古屋市守山区で発生した交通事故

名古屋市在住のDさんは,名古屋市守山区で,自動車同士の交通事故に遭ってしまいました。

Dさん自身には,大きな傷害はありませんでしたが,Dさんの乗っていた自動車は,大きく損傷してしまい,新車を購入しなければならなくなりました。

Dさんは,交通事故で自動車が使えなくなった場合には,代車料が認められると聞きました。

しかしながら,Dさんは,保険会社に対して代車料を請求しようとしたところ,保険会社より,本件では代車料は認められない旨説明されました。

Dさんは,保険会社の説明に納得できなかったため,弁護士事務所の無料相談に行きました。

 

代車料とは

代車料とは,代車が必要な場合に認められるものです。

業務として営業のために自動車を使用していた場合には,代車使用が不可欠であるとして,代車が必要であると判断され,代車料が認められることもあります。

他方,自家用車の場合,代車料は認められにくい傾向にあります。

 

代車料が認められる場合もあります。

しかしながら,自家用車の場合でも,同車両を日常的に使用することが必要不可欠であることが具体的に立証できた場合には,代車が必要であると判断され,代車料が認められる可能性があります。

ただし,通勤に自家用車を利用している場合でも,代替交通手段で特別な不便はなければ,代車料が認められることは難しい傾向にあります。

保険会社への対応に関していえば,現実に車両を修理に出しており,その間代車料を支出している場合であっても,事前に保険会社にその必要性を説明し,保険会社の了解をとっていなければ,代車料が認められない場合もあります。

Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.