愛知名古屋 交通事故の損害賠償請求・慰謝料請求専門の弁護士 法律事務所「虎ノ門法律経済事務所-名古屋」

名古屋支店交通事故

文字サイズ
文字サイズ 小
文字サイズ 標準
文字サイズ 大

サイトマップからページを探す

被害者請求・加害者請求

 

1 加害者請求(15条請求)とは

自賠責保険とは,あくまで自動車保険です。
したがって,保険金は,原則,被保険者である,交通事故の加害車両の保有者又は運転者に対して支払われます。

まず,被保険者は,交通事故の被害者に対して,損害賠償金を支払います。
その後,被保険者は,支払った損害賠償金を填補するため,自賠責保険会社に対し,保険金の支払いを請求することができます(自動車損害賠償保障法15条)。
このような,保険金請求のことを,加害者請求(15条請求)といいます。
 

2 被害者請求(16条請求)とは

交通事故の被害者は,加害者に対して,事故によって被った損害の賠償を請求することができます。

しかし,加害者にお金がなく,被害者に対して損害賠償を支払う経済的能力がない場合,被害者は,加害者から損害賠償を受けることができません。
このような場合,交通事故の被害者は,加害者ではなく,加害者が加入している自賠責保険会社に対して,直接損害賠償を請求することができます(自動車損害賠償保障法16条)。
このような,損害賠償請求のことを,被害者請求(16条請求)といいます。

加害者請求(15条請求)の場合は,加害者が被害者に対して損害賠償金を支払い,その後に加害者が自賠責保険会社に対して保険金を請求するという,迂遠な手続をとる必要があります。
これに対して,被害者請求(16条請求)は,被害者が直接自賠責保険会社に対して損害賠償を求めることができるという制度です。
 

3 被害者請求の内容

被害者は,被害者請求をすることによって,自賠責保険会社に対して,後遺障害等級認定を請求することができます。
これは,加害者側の保険会社が後遺障害の認定手続を行うこと(事前認定)と異なり,被害者自らが行う請求ですので,手続の透明性は高いものになります。

また,被害者は,被害者請求をする際,仮渡金の制度を利用できる場合があります。
仮渡金とは,交通事故にあった被害者が,当面の生活費や医療費を捻出できない場合に,将来の損害賠償金のなかから,当面の生活費等に相当する金銭を仮に支払ってもらえるという制度です。
 

4 自賠責保険の限度額

自賠責保険の支払限度額は,傷害事故,後遺障害を残した事故,死亡事故によって異なります。
 

(1)傷害事故の場合

支払限度額120万円
 

(2)後遺障害を残した事故の場合

ア 神経系統の機能または精神・胸腹部臓器に著しい障害を残し、常時または随時介護を要する後遺障害の場合の支払限度額

後遺障害等級第1級 4000万円
後遺障害等級第2級 3000万円
 

イ その他の後遺障害の場合の支払限度額

後遺障害等級第1級 3000万円
後遺障害等級第2級 2590万円
後遺障害等級第3級 2219万円
後遺障害等級第4級 1889万円
後遺障害等級第5級 1574万円
後遺障害等級第6級 1296万円
後遺障害等級第7級 1051万円
後遺障害等級第8級 819万円
後遺障害等級第9級 616万円
後遺障害等級第10級 461万円
後遺障害等級第11級 331万円
後遺障害等級第12級 224万円
後遺障害等級第13級 139万円
後遺障害等級第14級 75万円
 

(3)死亡事故の場合

支払限度額3000万円

 

 
Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.