愛知名古屋 交通事故の損害賠償請求・慰謝料請求専門の弁護士 法律事務所「虎ノ門法律経済事務所-名古屋」

名古屋支店交通事故

文字サイズ
文字サイズ 小
文字サイズ 標準
文字サイズ 大

サイトマップからページを探す

遺族年金は,死亡逸失利益に含まれる?

2015-03-13

名古屋市中川区で発生した交通事故

名古屋市在住のSさんは,名古屋市中川区で交通事故に遭い,亡くなってしまいました。

Sさんは,交通事故当時,遺族年金を受給していました。

Sさんの遺族は,Sさんの交通事故による損害として,死亡逸失利益の請求を考えています。

Sさんの遺族は,遺族年金として受け取るはずだった分も,死亡逸失利益に含まれるか確認するため,弁護士事務所の無料相談に行きました。

 

年金は,死亡逸失利益に含まれる?

年金等の受給権の喪失と,労働能力との間には,関連性がないともいえます。

また,年金等の受給権は,一身専属的権利ですので,承継されません。

さらに,年金等の受給権は,生活保障的意味があるものですから,受給権者が存在しなくなれば,給付の必要もなくなるという考えも成り立ちます。

そこで,年金として受け取るはずであった分が,死亡逸失利益に含まれるかが問題となります。

 

遺族年金は,死亡逸失利益に含まれないとされています。

遺族基礎年金遺族厚生年金遺族共済年金は,老齢基礎年金等と,取扱いが異なります。

遺族年金は,遺族年金受給者の死亡により,さらにその遺族としての年金の受給権が法律上認められていません。

また,遺族年金は,老齢年金と比較し,社会保障的性格や一身専属制が強く,当該受給権者の死亡以外にも婚姻によって消滅するなど,その存続自体が不確実です。

これらの事情に照らして,遺族年金は,死亡逸失利益に含まれないとされています。

Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.