愛知名古屋 交通事故の損害賠償請求・慰謝料請求専門の弁護士 法律事務所「虎ノ門法律経済事務所-名古屋」

名古屋支店交通事故

文字サイズ
文字サイズ 小
文字サイズ 標準
文字サイズ 大

サイトマップからページを探す

自賠責保険と任意自動車保険との関係とは?

2015-06-09

名古屋市南区で発生した交通事故

名古屋市在住のLさんは,名古屋市南区で,自動車同士の交通事故に遭ってしまいました。

Lさんは,交通事故の相手方が加入していた保険会社に対して,損害賠償を請求しようと思いました。

Lさんは,交通事故を原因とする損害賠償をする際に,自賠責保険に対して請求するのか,任意保険会社に対して請求するのか分からなかったため,損害賠償手続について質問するため,弁護士事務所の無料相談に行きました。

 

対人賠償保険としては,自賠責保険と任意自動車保険は二本立てとなります。

自賠責保険は,人身事故を対象とするものです。

また,任意保険の一種である対人賠償保険も,人身事故を対象とするものです。

したがって,自賠責保険任意自動車保険とは,その保険領域を同じくすることとなり,対人賠償保険としては,自賠責保険任意自動車保険の二本立てということになります。

では,自賠責保険任意自動車保険との関係は,どのように処理されるのでしょうか。

 

自賠責保険と任意自動車保険との関係

結論からいうと,任意自動車保険は,自賠責保険の保険金額を超える部分を担保するという関係にあります。

したがって,手違いにより,自賠責保険が期限切れになったような場合には,任意保険からは,自賠責保険金額分を控除した分のみが支払われることになります。

交通事故の被害者としては,自賠責保険で支払われる分を含めて任意自動車保険に一括請求し,任意自動車保険から請求者に対して一括して支払うことになります。

その後に,任意自動車保険会社は,自賠責保険から,自賠責保険金相当額を回収することになります。

Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.