愛知名古屋 交通事故の損害賠償請求・慰謝料請求専門の弁護士 法律事務所「虎ノ門法律経済事務所-名古屋」

名古屋支店交通事故

文字サイズ
文字サイズ 小
文字サイズ 標準
文字サイズ 大

サイトマップからページを探す

自分の代わりの人件費は,休業損害として評価されるの?

2015-08-10

名古屋市西区で発生した交通事故

名古屋市在住のGさんは,名古屋市西区の路上で,信号待ちをしている中追突されるという交通事故に遭ってしまいました。

Gさんは,上記交通事故により,傷害を負ってしまい,通院を余儀なくされました。

Gさんは,個人事業主だったのですが,通院により仕事ができなかったので,自分の代わりに人を雇いました。

Gさんは,その人件費分を,損害賠償請求しようと思いましたが,保険会社の担当者からは,人件費分は損害に含められないと説明されました。

Gさんは,保険会社の説明に納得できなかったため,弁護士事務所の無料法律相談に行きました。

 

事業所得者の休業損害の算定方法

事業所得者の休業損害は,基本的には,得られたはずの売上額から,これを得るために必要としたはずの原価と経費を差し引いたものを基礎に算定されます。

したがって,基本通りに考えれば,自分の代わりの人件費は,休業損害としては認められないとも思えます。

 

自分の代わりに雇用した人の人件費

通院期間中に,自己の代わりに雇用した者の人件費などについては,交通事故と相当因果関係のある損害として認められるとした裁判例があります。

これは,基本的な休業損害の算定とは異なり,実損害的な算定方法です。

個人事業主が,完全に休業したわけではなく,不完全ながらも営業をしていた場合に,有効な算定方法でしょう。

Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.