愛知名古屋 交通事故の損害賠償請求・慰謝料請求専門の弁護士 法律事務所「虎ノ門法律経済事務所-名古屋」

名古屋支店交通事故

文字サイズ
文字サイズ 小
文字サイズ 標準
文字サイズ 大

サイトマップからページを探す

当事務所でのご相談から解決までの流れ

虎ノ門法律経済事務所でのご相談から解決までの流れ 保険会社からの賠償額提示が有る場合は相談予約から、法律相談、弁護士費用特約の利用の検討、委任契約、調査・後遺障害の認定及び損害額の算定、保険会社等との示談交渉、裁判などの法的手続きを行って、解決に至ります。保険会社からの賠償額の提示がない場合、保険会社との示談交渉から、法律相談と賠償額無料診断を受けていただき、裁判などの法的手続きを行って解決に至ります。
 

 

相談予約

まずは当事務所へお電話またはメールにてご連絡ください。
スタッフが交通事故の状況などの概略をお伺いしたうえで、ご相談のご予約をいれさせていただきます。

アドバイスさせていただけることは多くありますので、早い段階でのご相談をお待ちしております。
 

法律相談

ご予約の日時に当事務所にご来所いただき、弁護士が事故の態様や被害などについて詳しくお話をお伺いいたします。

弁護士が、損害賠償として請求できる金額のお見積りをし、当事務所がお引き受けする場合の解決方針についてご説明します。
この際に、弁護士費用を明示します。

なお、以下の書類がお手元にある場合は、ご相談時にご持参ください。解決方針がより明確になりやすくなります。
・交通事故証明書
・診断書、後遺障害診断書
・診療報酬明細書
・被害者の方の収入を示す書類(前年の源泉徴収票や確定申告書)
・休業損害証明書
・通院時の交通費またはガソリン代の領収書
・お車やバイクが破損した場合はその修理代の見積書または領収書
 

弁護士費用特約の利用の検討

加入している任意保険に「弁護士費用特約」があれば、当事務所がいただく弁護士費用は保険でまかなわれる場合があります。
ご相談の際に保険証券等をお持ちいただければ、「弁護士費用特約」が使えるかどうか、ご確認致します。
 

委任契約

解決方針や弁護士費用にご納得いただけた場合には、当事務所との間で委任契約を結んでいただきます。

委任契約にあたっては、まずは交渉から受任いたします。
調停や訴訟手続きの委任は、交渉の結果を踏まえてご検討いただきます。
 

調査、後遺障害の認定および損害額の算定

・刑事記録の取り寄せと検討

交通事故の加害者の刑事手続きの結果は、民事上の損害賠償請求に影響を与えます。 
そのため、交通事故の被害においては、刑事記録をできるだけ早く、且つ広く取得することが重要になります。

当事務所では弁護士が、必要となる刑事資料を取寄せ、刑事記録の内容を検討し、依頼者にとって最善の解決の見通しを立てます。
 

・後遺障害の認定

適切な後遺障害等級の認定を受けるためには、医師の方にポイントを押さえた後遺障害診断書を作成してもらう必要があります。

当事務所では、弁護士が後遺障害診断書作成時から後遺障害等級の認定まで徹底してサポート致します。
 

保険会社との示談交渉

①保険会社との示談交渉

加害者側の保険会社に対して、損害の賠償等を求めて示談交渉を行うことになります。

治療終了後、保険会社との間で示談金の話が始まり、保険会社から示談金額の提示がなされます。
保険会社は、弁護士が請求する水準の金額よりも大幅に低い、保険会社独自の基準の金額で示談を進めてきます。

弁護士が介入することで、裁判所が認める高い水準での示談金額の交渉ができ、適正な金額での示談が期待できます。
 

②賠償額無料診断サービス

既に保険会社より賠償額の提示を受けられている方は、賠償額無料診断サービスをご利用いただくことができます。

もちろん、無料法律相談にお越しいただくこともできます。
その後、①保険会社との示談交渉を進めて行きます。
 

裁判等の法的手続き

示談交渉がまとまらない場合は裁判所の調停手続きや訴訟手続等を行うことになります。

まずはご相談者様が置かれている状況を確認させてください。
交通事故直後でのご相談、あるいは等級の認定に納得がいかない、相手側の保険会社が提示する金額に納得がいかないという段階でのご相談等いずれのタイミングでも、その状況に応じた最善の対応策をご提案しますので、まずはお気軽にご相談ください。

 

 

 

Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.