愛知名古屋 交通事故の損害賠償請求・慰謝料請求専門の弁護士 法律事務所「虎ノ門法律経済事務所-名古屋」

名古屋支店交通事故

文字サイズ
文字サイズ 小
文字サイズ 標準
文字サイズ 大

サイトマップからページを探す

会社役員の場合には,逸失利益は認められない?

2015-07-11

名古屋市名東区で発生した交通事故

名古屋市在住のVさんは,名古屋市名東区の路上で,信号待ちをしている中追突されるという交通事故に遭ってしまいました。

Vさんは,上記交通事故により,後遺症を負ってしまいました。

Vさんは,損害賠償請求をしようと思いましたが,保険会社の担当者より,会社役員の場合には,逸失利益は認められない旨説明を受けました。

Vさんは,保険会社の説明に納得できなかったため,弁護士事務所の無料法律相談に行きました。

 

会社役員の場合には,逸失利益が認められない可能性があります。

一定規模の会社役員として勤務されている方が,交通事故の被害者となった場合,逸失利益の問題が生じます。

これは,会社役員は,企業に雇用される従業員と異なり,会社との委任契約に基づいて経営を任せられているものですから,その収入も,労務提供に対する対価ではなく,受任業務に対する報酬と考えられているので問題となります。

そして,役員報酬の収入には,役員としての稼働に支払われる労務対価部分と,経営結果による利益配当的部分との二面性があり,利益配当部分に関しては,その地位に留まる限り休業しても逸失利益の問題は発生しないという裁判例があります。

したがって,会社役員の場合には,受け取っている報酬の利益配当部分に関しては,逸失利益が発生しないという可能性があります。

 

実質的には個人事業主の場合

会社役員といっても,会社の規模や勤務形態は様々です。

特に,個人会社の代表者のように,実質的には個人事業主の場合には,原則とおり,逸失利益が認められることになるでしょう。

Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.