愛知名古屋 交通事故の損害賠償請求・慰謝料請求専門の弁護士 法律事務所「虎ノ門法律経済事務所-名古屋」

名古屋支店交通事故

文字サイズ
文字サイズ 小
文字サイズ 標準
文字サイズ 大

サイトマップからページを探す

過失割合に納得が出来ない方へ

 

1 過失相殺 過失割合

交通事故は、被害者は何も悪くなく,加害者が100%悪いというものばかりではありません。
多くの交通事故では,被害者にも,何らかの原因があります。

損害賠償の場面では,被害者の原因(過失)に応じて,損害賠償額が減額されることになります。
これを過失相殺といいます。

そして,加害者と被害者の双方に過失がある場合に,加害者と被害者との間でどのように過失を分けるかというのが,過失割合です。

保険会社は,賠償額の負担を減らしたいと考え、加害者側に有利な過失相殺を主張する場合があります。
これが,保険会社との示談の際に、過失割合の認定で対立することが非常に多いことの原因です。
 

2 過失割合に納得ができないときは?

過失割合とは,様々な要素から判断されることになります。
過失割合の判断要素としては,①歩行者・バイク・自動車・年齢など交通事故当事者の事情,②道路の広さや右左折など交通事故状況の事情,③赤信号無視・飲酒運転などの特殊事情が挙げられます。

保険会社は,多くの場合,過失割合についての研究をまとめた書籍を用いて,過失割合を判断します。
その書籍が,「別冊判例タイムズ 民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」です。

この書籍は,基準となる過失割合と,それを修正するための要素を考慮して,様々な事例の過失割合を算出しています。
ところが,現実に起こる交通事故は,様々な要素が複合的に合わさって生じるものですが,上記書籍は,その全ての要素を網羅したものではありません。

そこで,弁護士が交通事故を受任した場合には,上記書籍の考え方に加え,実際に発生した交通事故の個別の事情を勘案し,説得的な過失割合・過失相殺の主張をすることになります。

一例を挙げます。
 

事例 過失割合・過失相殺

愛知県名古屋市において,道路を横断中の歩行者と,進行していた自動車とが接触する事故が起こりました。

保険会社は,歩行者が横断歩道のない部分を横断したことから,歩行者の過失割合を3割と判断し,過失相殺の主張をしました。

ところが,歩行者が横断した場所は,交差点に近いところでした。
そして,歩行者が道路を横断していたとき,歩行者が交差点を渡っていたとすれば,対面の信号は青信号であったという状況でした。
他方,自動車は,交差点を減速せずに進行した結果,歩行者に接触してしまったという事情がありました。

弁護士が介入した後,上記個別の事情を挙げ,改めて過失割合について交渉した結果,歩行者の過失割合は1割であったとして,過失相殺することができました。

このように,弁護士が介入することで,書籍に書かれているような過失割合の研究結果を前提に,個別の事情を勘案したうえで,過失相殺の主張をすることができます。
保険会社から提示された過失割合に納得ができない場合,過失割合について保険会社との話し合いがまとまらない場合には,弁護士に相談することをお勧めします。

 

 
Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.