愛知名古屋 交通事故の損害賠償請求・慰謝料請求専門の弁護士 法律事務所「虎ノ門法律経済事務所-名古屋」

名古屋支店交通事故

文字サイズ
文字サイズ 小
文字サイズ 標準
文字サイズ 大

サイトマップからページを探す

過失相殺とは?

2015-05-13

名古屋市千種区で発生した交通事故

名古屋市在住のIさんは,名古屋市千種区で,自動車同士の交通事故に遭ってしまいました。

Iさんは,交通事故を原因とする損害賠償請求をしたところ,保険会社より,今回の交通事故にはIさんにも過失があると言われました。

そして,Iさんは,保険会社より,Iさんの過失も考慮すれば,過失割合は5対5であるとして,請求額よりも低額な損害賠償額を提案されました。

Iさんは,保険会社の提案に納得できなかったため,弁護士事務所の無料相談に行きました。

 

過失相殺とは?

過失相殺とは,交通事故の原因ないし損害の発生・拡大に被害者の過失が関与している場合に,損害の公平な分担という不法行為制度の理念から,被害者の過失に基づく損害を加害者に転嫁すべきではないとして,過失のある被害者の損害賠償を減額することを認めた制度です。

 

過失相殺の考え方

もともと民法では,被害者自身が発生・拡大させた損害を,加害者に転嫁することは許さないという考え方があります。

また,損害賠償の実務の場面では,損害賠償における損害の公平な分担を実現するための調整機能を果たすものとして,過失相殺が使われています。

過失割合は,実務においては,当事者間の公平感を満足させるような割合的処理として使用されています。

Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.