愛知名古屋 交通事故の損害賠償請求・慰謝料請求専門の弁護士 法律事務所「虎ノ門法律経済事務所-名古屋」

名古屋支店交通事故

文字サイズ
文字サイズ 小
文字サイズ 標準
文字サイズ 大

サイトマップからページを探す

カウザルギー・RSDについて

 

1 CRPS(RSD・カウザルギー)かもしれません

きっかけとなった交通事故とは不釣り合いに激しい痛みが,慢性的に続くことがあります。
このような場合は,CRPSかもしれません。

CRPSとは,手足の外傷時に神経を損傷することにより,焼けるような耐え難く激しい痛みがあり,通常の治療では完治することが困難な疾患です。
CRPSとは,日本語では複合性局所疼痛症候群という病名で,RSD(反射性交感神経性ジストロフィー)及びカウザルギーと呼ばれていた疾患の総称です。

カウザルギーとは,急激な神経損傷によって発症するもので,RSDが大きな神経損傷を伴わないものであるという点で違いがあります。
他にも肩手症候群やズデック骨萎縮など,さまざまな名称で呼ばれることもあります。
 

2 CRPS(RSD・カウザルギー)の症状

CRPSの主な症状は,
原因から予想される程度を超える激しい痛み
着衣や微風などの触感が痛みとして認識される(これを「アロディニア」といいます。)
皮膚の変化(色の変化,光沢,乾燥または鱗状など)
浮腫
手や足の機能低下
といった,原因とは不釣合いに激しい灼熱痛です。

ここに挙げた症状以外にも様々な症状が現れることがありますし,ここに挙げた症状の全てが現れるわけでもありません。
 

3 CRPS(RSD・カウザルギー)の診断

CRPSの診断は,まずは,原因に対して不釣合いに激しい痛みという臨床的症状に基づいて行われます。

次に,臨床診断の助けとして,サーモグラフィ,交感神経ブロック,X線検査,CTスキャン(コンピューター断層撮影),MRIといった検査によって,診断されることになります。
 

4 CRPS(RSD・カウザルギー)の後遺症認定

疼痛疾患であるCRPS(RSD・カウザルギー)については,典型的な症状である灼熱痛が認められないこと(灼熱痛と呼称されるような激烈な痛みを訴えていた旨,カルテに記載がないこと等)は,CRPS(RSD・カウザルギー)を否定する理由となります。

自賠責保険における後遺症認定に際しては,①関節拘縮,②骨の萎縮,③皮膚の変化(皮膚温の変化,皮膚の萎縮)という慢性期の主要な3つのいずれの症状も健側(=異常がない側)と比較して明らかに認められる場合に限り,その程度に応じて,後遺症等級7級,9級,12級と認定されます。

特に,CRPS(RSD・カウザルギー)と「単なる受傷部位の疼痛」とを区別する客観的な所見として,「骨の萎縮」が重要なポイントとなります。

・後遺症等級第7級→軽易な労務以外の労働に常に差し支える程度の疼痛があるもの

・後遺症等級第9級→通常の労務に服することはできるが,疼痛により時には労働に従事することができなくなるため,就労可能な職種の範囲が相当な程度に制限されるもの

・後遺症等級第12級→通常の労務に服することはできるが,時には労働に差し支える程度の疼痛が起こるもの

これに加えて,RSDによって四肢の機能が全廃した場合には,後遺症等級第5級以上の認定がなされる可能性があります。

 

 
Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.