愛知名古屋 交通事故の損害賠償請求・慰謝料請求専門の弁護士 法律事務所「虎ノ門法律経済事務所-名古屋」

名古屋支店交通事故

文字サイズ
文字サイズ 小
文字サイズ 標準
文字サイズ 大

サイトマップからページを探す

交通事故用語集

 

慰謝料 交通事故で被害者が負った精神的苦痛に対する賠償等のことです。
逸失利益    交通事故がなければ得られたであろう将来の収入等の利益のことです。
加害者請求 加害者から被害者へ損害賠償を支払ったうえで、その実際に支払った金額を加害者が加害者側の保険会社へ請求することです。
過失相殺 交通事故の加害者だけではなく、被害者にも過失がある場合に、その過失責任の割合に応じて損害額から減額(被害者の自己負担になる)されることです。
過失割合 発生した交通事故に対する責任(不注意・過失)の割合のことです。
休業損害 交通事故によって負傷し、休業を余儀なくされた場合の、休業をしなければ得られたはずの収入のことです。
救護義務 交通事故の当事者が負っている、負傷者を安全な場所に移動し、可能な限り迅速に治療を受けさせること等の義務のことです。
共同不法行為 2台以上の車両が関与する事故により第三者に損害を与えた場合に、各車両運転者が負う第三者に生じた損害の全部を連帯して賠償する責任のことです。
後遺障害診断書 怪我が治っても後遺症が残った場合、保険金を受け取るためには、保険会社に後遺障害の等級を認定してもらう必要があります。後遺障害診断書は、障害等級を認定してもらうために保険会社に提出する診断書です。
後遺障害等級認定 後遺障害については、医師から「これ以上治療を続けても症状にかわりがない」という状態、つまり症状固定に至ったと判断されたときに「後遺障害診断書」を作成してもらいます。この診断書に基づいて後遺障害の等級認定を受けることになります。後遺障害等級は障害の程度に応じて1級~14級までに分かれていて、保険料と慰謝料は等級に応じて定められています。
後遺障害の異議申し立て 後遺障害の認定結果に疑問があれば、異議申立てをすることができます。
後遺症と後遺障害 医師による治療を受けても完全には治癒せず、身体に一定の機能的障害が残る場合があります。これがいわゆる「後遺障害」で、一般に「後遺症」といわれているものです。交通事故で後遺障害が残った場合に損害賠償を受け取るには、「後遺障害等級」に認定されなければなりません。単なる「後遺症」ではなく「後遺障害」でなければ保険金は受け取れません。
交通事故証明書 事故が発生した事実を証明する書類のこと。事故発生の日時、場所、当事者の氏名などが記載されています。警察に事故の届出を行った後に申請すると、各都道府県の交通安全運転センターが発行します。
交通事故紛争処理センター  自動車事故に伴う損害賠償の紛争を解決するために、事故の当事者との面接相談を通して、相談、和解のあっ旋及び審査を行っている公益法人です。
事前認定 交通事故で負傷した際、加害者に対人賠償保険がある場合に、加害者の任意保険会社が自賠責部分も含めて一括で賠償額を支払う制度で、任意保険会社が自賠責保険の認定内容(後遺障害等級認定)を事前に確認する制度です。
示談 当事者の双方が歩み寄って、裁判によらず解決する契約を示談といいます。示談は法律的な効果がありますので、成立の証として示談書を作成する必要があります。
自賠責保険 自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)とは、加入が義務づけられている強制保険で、未加入自動車を運転すると罰則があります。通常は車検と同時に加入するものなので、特に意識しなくとも自賠責保険に加入しています。車検をとおさず乗り回している車や、原付自転車のように車検手続きがない場合は、加入漏れの可能性があります。
自賠責保険基準 損害賠償額の基準の1つ。国が交通事故の被害者を広く救うことを目的としている基準のため、補償額は他の基準(任意保険基準、弁護士基準)と比べて最も低くなります。
症状固定 交通事故で負った怪我の症状が、これ以上治療を続けても改善しないと判断された状態のこと。病状固定を認めると、これ以上治療の必要がないと認めたことになりますので、病状固定以後に治療を受けた分は、損害賠償の対象にはなりません。
人身事故 人の生命や身体に損害が発生した事故のこと。物損事故との違いは、人身事故の場合には、自賠責にて最低限の補償は確保されますが、物損事故には自賠責の補償はありません。
積極損害・消極損害 交通事故の被害者が被った物的損害は、積極損害と消極損害の2つに分けられます。積極損害とは、事故が起こっていなかった場合に被害者が得るはずだった利益です。被害者の葬儀費用、治療関係費、介護費、入院雑費、それらに伴って発生する交通費や雑費等のことです。消極損害とは、事故にあったため将来得られるであろう利益が得られなくなったもので、休業損害、後遺障害による逸失利益、死亡による逸失利益があります。
任意保険 任意保険は、自賠責保険で補償されない物損事故、また自賠責保険金額を超える損害賠償部分を補ってもらうため、個人の意思で加入する保険です。
任意保険基準 損害賠償額の基準の1つ。自賠責保険でカバーできない損害を補うことを目的とした基準であり、弁護士基準よりは低く設定されています。
被害者請求 自賠責保険に対して被害者が直接請求を行う事をいいます。「16条請求」「直接請求」と呼ぶこともあります。
物損事故 「物」の損害が発生した事故のこと。車・バイク・自転車等の破損や、建物の倒壊などの修理費用が損害賠償の対象になりますが、新車を傷付けられたからといって精神的な賠償(慰謝料)を請求することはできません。
弁護士基準 損害賠償額の基準の1つ。過去の裁判などで認められた例に基いた基準のため、他の基準に比べ、賠償額は高く設定されています。
弁護士費用 弁護士費用は大きく3つあります。①着手金(依頼時に支払う) ②報酬金(案件終了時に支払う) ③実費(支払うタイミングが異なる)なお、報酬金の計算方法は法律事務所によって考え方が異なりますので依頼前に弁護士に確認をしておきましょう。
弁護士費用特約 保険会社が、保険契約者の事故に関する損害賠償請求のために必要な弁護士費用や、弁護士等への法律相談費用などを保険金として支払いをする特約です。
むち打ち 自動車の追突事故などによって、頭部が鞭の動きのように前後に過度の屈伸をし、首の組織に損傷を生じたために起こる症状です。頭痛・肩凝り・手足のしびれ・めまい・耳鳴りなどの症状を起こします。

 

 
Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.