愛知名古屋 交通事故の損害賠償請求・慰謝料請求専門の弁護士 法律事務所「虎ノ門法律経済事務所-名古屋」

名古屋支店交通事故

文字サイズ
文字サイズ 小
文字サイズ 標準
文字サイズ 大

サイトマップからページを探す

むち打ち症の場合には,後遺症は認められないの?

2015-07-08

名古屋市港区で発生した交通事故

名古屋市在住のUさんは,名古屋市港区の路上で,信号待ちをしている中追突されるという交通事故に遭ってしまいました。

Uさんは,上記交通事故により,頸椎捻挫いわゆるむち打ち症となってしまいました。

Uさんは,保険会社の担当者より,むち打ちの場合には,後遺症は認められにくいと説明を受けました。

Uさんは,保険会社の説明に納得できなかったため,弁護士事務所の無料法律相談に行きました。

 

むち打ちの場合でも,後遺症が認められる場合があります。

むち打ちの場合には,後遺症が認められないというのは誤りです。

他覚的所見がある場合にはもちろんですが,自覚症状のみでも,むち打ちによる後遺症が認められる場合があります。

 

どのような場合に,後遺症が認められるの?

詐病ないし誇張された症状であることが窺われる特段の事情がある場合,症状が特に日常生活等に影響を及ぼさないと認められる場合でなければ,一定の症状があり,これにより日常生活に影響がある場合には,後遺症が認められます。

後遺症が認められるか否かは,12級は,傷害の存在が医学的に証明できるもの,14級は,医学的に説明可能な傷害を残す所見があるもの,又は,医学的に証明されないものであっても,受傷時の状態や治療の経過からその訴えが一応説明のつくものであり,賠償性神経症や故意に誇張された訴えではないと判断されたもの,という運用がなされています。

Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.