愛知名古屋 交通事故の損害賠償請求・慰謝料請求専門の弁護士 法律事務所「虎ノ門法律経済事務所-名古屋」

名古屋支店交通事故

文字サイズ
文字サイズ 小
文字サイズ 標準
文字サイズ 大

サイトマップからページを探す

後遺障害慰謝料とは,どのように算定されるの?

2015-04-03

名古屋市天白区で発生した交通事故

名古屋市在住のIさんは,名古屋市天白区で交通事故に遭い,後遺障害を負ってしまいました。

Iさんは,交通事故を原因とする損害賠償を請求したところ,保険会社より,後遺障害慰謝料の金額を提案されました。

Iさんは,保険会社から提案された後遺障害慰謝料の金額が相当なものなのか確かめるため,弁護士事務所の無料相談に行きました。

 

後遺障害慰謝料とは

後遺障害とは,「傷害がなおったとき身体に存する障害」をいい,「なおった」とは,傷病に対して行われる一般に承認された治療方法をもってしても,その効果が期待しえない状態で,かつ,残存する症状が,自然的経過によって到達すると認められる最終の状態に達したときをいいます。

後遺障害慰謝料とは,これ以上治療を継続しても治療効果が上がらないときに,その苦痛,外見の悪さ,生活への影響等に対する賠償として認められるものです。

 

後遺障害慰謝料の算定方法

後遺障害慰謝料は,自賠責の後遺障害別等級表を使用して算定されるのが一般的です。

後遺障害慰謝料の算定にあたっては,通常,余命年数は考慮されません。

この点については,苦痛の期間という観点から,高齢者の場合には後遺障害慰謝料を減額すべきとの見解もありますが,一般的ではないようです。

なお,裁判においては,損害保険料率算出機構による等級が参考とされることが多いですが,必ずしもこの等級にこだわる必要はないとされていますので,具体的な事案・障害に応じて,合理的根拠に基づく相当等級の主張を行うべきでしょう。

Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.