愛知名古屋 交通事故の損害賠償請求・慰謝料請求専門の弁護士 法律事務所「虎ノ門法律経済事務所-名古屋」

名古屋支店交通事故

文字サイズ
文字サイズ 小
文字サイズ 標準
文字サイズ 大

サイトマップからページを探す

弁護士費用特約で負担減

 

弁護士費用を保険で支払い

弁護士費用特約(弁護士費用補償特約)とは、交通事故の被害者の方が損害賠償請求を弁護士に依頼した場合に発生する弁護士費用を、保険会社が負担してくれる特約です。
特約の使用により等級が下がることもありませんので、条件を満たしている場合には積極的に利用したい特約です。

各保険契約の内容にもよりますが、ほとんどの弁護士費用特約では最大300万円までの弁護士費用を保険会社に支払ってもらうことができます。
この特約でカバーされる弁護士費用には、法律相談料から着手金、報酬金まですべての弁護士費用が含まれます。
したがって、弁護士費用特約が付された自動車保険に加入している場合、多くのケースで被害者の方の弁護士費用の負担額が0円となり、負担なしで弁護士に依頼することが可能となります。

弁護士費用の負担がなくなる,もしくは大幅に軽くなる特約ですので、ご相談前に是非一度保険証券の内容をご確認ください。
 

家族の方でも使用可能

弁護士費用特約は、本人以外に家族の方も補償対象となっている場合がほとんどです。
つまり、本人が事故に遭われた場合に、仮に本人自身が弁護士費用特約に加入していなかったとしても、家族の方の自動車保険をもって弁護士費用を保険会社に支払ってもらうことが可能となります。
そのため、ご自身の自動車保険に弁護士費用特約を付けていない場合であっても、一度ご家族の方の自動車保険の内容を確認してみてください。

また、保険が適用される自動車事故には、契約している車だけでなく、タクシーやバス、友人の車など自動車全般が含まれます。
したがって、乗っていたバスが急停車してケガをしたといったケースにも弁護士費用特約を使って弁護士に示談交渉等を依頼することが可能です。
 

弁護士費用特約が使えない場合でも安心の報酬体系

仮にご自身の自動車保険にもご家族の自動車保険にも弁護士費用特約が付されておらず特約を使えない場合であっても、当事務所では弁護士費用を気にすることなくご依頼いただけるよう、交通事故の被害者の方には特別な報酬体系を用意しております。

すなわち、事件が解決(成功)するまで費用のご負担をいただかなくても良いように完全成功報酬型(着手金0円)にてお受けしておりますので、弁護士費用特約がない場合であっても、費用を気にすることなくご依頼いただくことができます。

※本ページでの弁護士費用特約についての説明は、一般的な弁護士費用特約の内容についての説明となります。
ご自身に適用される弁護士費用特約の内容については各契約の保険約款等に依ります。

※加入されている保険契約の内容がご不明な方は、保険証券を相談時にお持ちいただければ弁護士から内容をご説明させていただきますので、お気軽にお尋ねください。

 

 
Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.