愛知名古屋 交通事故の損害賠償請求・慰謝料請求専門の弁護士 法律事務所「虎ノ門法律経済事務所-名古屋」

名古屋支店交通事故

文字サイズ
文字サイズ 小
文字サイズ 標準
文字サイズ 大

サイトマップからページを探す

耳鳴り・めまい(目眩)について

 

1 耳鳴り

(1)耳鳴りとは

交通事故によって生じる症状の1つに,「耳鳴り」があります。

耳鳴りについては,一定の場合に,後遺障害の認定がされることがあります。

耳鳴りとは,外で音が鳴っていないにもかかわらず,音が聞こえるような状態です。
耳鳴りは,不眠症や鬱を引きおこし,交通事故の被害者を苦しめます。
耳鳴りは,ピッチ・マッチ検査やラウドネス・バランス検査といった検査によって診断されます。
 

(2)後遺障害等級

交通事故により残存した障害については,後遺障害別等級表があります。

しかし,後遺障害別等級表には,全ての後遺障害を記載しているわけではありません。
後遺障害別等級表の各等級に該当しなくても,各等級の後遺障害に相当するものは,相当等級として後遺障害が認定される可能性があります。

耳鳴りについても,後遺障害等級第12級相当,後遺障害等級第14級相当として,後遺障害が認定される可能性があります。
 
・後遺障害等級第12級相当
耳鳴りに係る検査によって難聴に伴い著しい耳鳴りが常時あると評価できるもの
 
・後遺障害等級第14級相当
難聴に伴い著しい耳鳴りが常時あることが合理的に説明できるもの

難聴とは,交通事故で耳が聴こえなくなったり,聴こえにくくなったことをいい,30dB以上の難聴を伴う場合をいいます。
ここでいう,「著しい耳鳴り」とは,耳鳴りについての検査により,医学的に耳鳴りが存在すると評価できる場合をいいます。
また,「合理的に説明できる」というのは,耳鳴りの自覚症状があり,かつ,耳鳴りのあることが外傷等から合理的に説明ができる場合をいいます。
 

2 めまい(目眩)

(1)めまい(目眩)・平衡機能障害とは

めまい(目眩)とは,体の位置や運動に関する異常感覚であるとされており,自覚的なものをいいますので,問診の対象となります。

他方,平衡機能障害は,体のバランスをとる能力に障害が生じていることであり,他覚的なものをいいますので,検査の対象となります。

このように,めまい(目眩)と平衡機能障害とは,別のものです。
めまい(目眩)には,平衡機能障害を伴うことが多いとされていますが,必ずしも平衡機能障害を伴うものではありません。
 

(2)平衡機能障害の検査

平衡機能障害は,他覚的なものをいいますので,次のような検査の対象となります。
 
立ち直り反射検査
体位が自動的あるいは他動的に変化した場合に,頭部や体幹を正常値に戻す働きを見る検査です。

ロンベルグテスト(両足直立検査)
マンテスト
単脚直立検査
斜面台検査(ゴニオメーター)
重心動揺計検査
偏奇検査
骨格緊張の左右非対称,つまりどちらかに偏りがあることを「偏奇」といいますが,この偏奇を検査するものです。
指示検査
遮眼書字検査
足踏検査

(3)後遺症  めまい(目眩)・平衡機能障害

めまい(目眩)や平衡機能障害は,神経系統の機能障害の一部として評価されるため,後遺障害等級第3級,第5級,第7級,第9級,第12級,第14級と認定される可能性があります。

・後遺障害等級第3級3号
神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し,終身労務に服することができないもの

・後遺障害等級第5級2号
神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し,特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの

・後遺障害等級第7級4号
神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し,軽易な労務以外の労務に服することができないもの

・後遺障害等級9級10号
神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し,服することができる労務が相当な程度に制限されるもの

・後遺障害等級第12級13号
局部に頑固な神経症状を残すもの

・後遺障害等級第14級9号
局部に神経症状を残すもの

 

 
Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.