愛知名古屋 交通事故の損害賠償請求・慰謝料請求専門の弁護士 法律事務所「虎ノ門法律経済事務所-名古屋」

名古屋支店交通事故

文字サイズ
文字サイズ 小
文字サイズ 標準
文字サイズ 大

サイトマップからページを探す

レンタカー業者にも,損害賠償を請求できる?

2015-01-16

名古屋市天白区で発生した交通事故

名古屋市在住のBさんは,名古屋市天白区で発生した交通事故によって,後遺障害を負ってしまいました。

加害者の話を聞いてみると,加害者は,レンタカーを利用していたようでした。

Bさんは,レンタカー業者にも損害賠償を請求できないかと考え,弁護士事務所の無料相談に行きました。

 

交通事故の場合には,運行供用者に対して,損害賠償を請求できます。

交通事故の被害者は,自賠法によって,運行供用者に対して,損害賠償を請求することができます。

運行供用者とは,車両の運行について,運行支配と運行利益が認められる者と考えられています。

実際に車両を運転していた人は,たとえレンタカーを利用していたとしても,自らのために借りて,自らのために運転しているわけですから,運行供用者であることに問題はありません。

では,レンタカー業者は,運行供用者に該当するのでしょうか。

 

レンタカー業者も,運行供用者に該当します。

レンタカー業者は,利用者に免許証の提示を求め,免許の有無,住所,氏名等の身元確認を行い,使用時間,使用目的,返却場所などを申込用紙に記載させ,一定の審査に基づき,レンタカーを貸しています。

また,レンタカー業者は,数時間から数日の間という,必ずしも長期とはいえない時間しか賃貸しませんし,返却時間に遅れた場合には,相応の延滞料金を請求します。

このような,通常のレンタル業者には,運行支配と運行利益が認められますので,運行供用者に該当します。

したがって,被害者は,レンタカーに実際に乗っていた加害者だけではなく,レンタカー業者に対しても,損害賠償を請求することができます。

Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.