愛知名古屋 交通事故の損害賠償請求・慰謝料請求専門の弁護士 法律事務所「虎ノ門法律経済事務所-名古屋」

名古屋支店交通事故

文字サイズ
文字サイズ 小
文字サイズ 標準
文字サイズ 大

サイトマップからページを探す

脊髄損傷について

 

1 脊髄とは

脊髄とは,脳から背骨の中を通って伸びている,太い神経の束のようなものです。
脊髄には,脳からの命令を身体に伝えたり,痛覚や触覚などの情報を脳に伝えたりする重要な役割があります。

脊髄自体は,非常に柔らかいものなので,背骨によって守られています。
しかし,交通事故などによって外部からの強い衝撃を受けた際,背骨が折れたり脱臼したりすることにより,背骨の中を通っている脊髄に損傷が生じます。

背骨は骨なので,適切な治療を行うことで回復します。
他方,脊髄は,脳と同じ中枢神経なので,一度損傷すると二度と再生・回復しないと言われています。
 

2 脊髄を損傷すると

脊髄を損傷すると,損傷した部位以下に,運動機能,感覚機能,自律神経系,排泄機能等様々な障害が生じます。
一般的には,損傷した部位が上であればあるほど,障害が重くなると言われています。

脊髄が完全に断裂している場合は,その部位以下の身体の機能が,完全に麻痺してしまいます。
脊髄が部分的に損傷した場合は,一部の機能が残る不完全麻痺となります。

このように脊髄損傷による障害の程度は,損傷部位や損傷の程度によって異なります。
 

3 脊髄損傷の後遺症

交通事故により脊髄を損傷した場合には,後遺障害となる場合があります。

後遺障害等級認定機関に適正な等級を認定してもらうためには,MRIやCT等の画像を撮影する必要があります。

また,主治医に依頼し,「脳損傷又は脊髄損傷による障害の状態に関する意見書」「脊髄症状判定用」「自動車損害賠償責任保険後遺障害診断書」等の書類に,現在の症状を漏れなく記載してもらうとともに,神経学的所見の有無についても判断してもらう必要があります。

さらに,ご家族には「日常生活状況報告表」に,被害者の事故後の状況を記載してもらう必要があります。

このように,多くの方の協力を得たうえで,後遺症が認められれば,以下のような後遺障害等級が認定されることになります。

後遺障害等級第1級1号 神経系統の機能に著しい障害を残し,常に介護を要するもの
後遺障害等級第2級1号 神経系統の機能に著しい障害を残し,随時介護を要するもの
後遺障害等級第3級3号 神経系統の機能に著しい障害を残し,終身労務に服することができないもの
後遺障害等級第5級2号 神経系統の機能に著しい障害を残し,特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
後遺障害等級第7級4号 神経系統の機能に障害を残し,軽易な労務以外の労務に服することができないもの
後遺障害等級第9級10号 神経系統の機能に障害を残し,服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
後遺障害等級第12級13号 局部に頑固な神経症状を残すもの

 

4 中心性脊髄損傷とは

中心性脊髄損傷とは,頚髄の中心を損傷したために起こる障害です。

中心性脊髄損傷の症状は,下半身の麻痺などと比べると軽いときもありますが,症状の現れ方は人それぞれですので,一概に軽い症状であるとは言えません。
たとえ症状が軽かったとしても,専門医の診察を受けて適切な治療の記録をすることで,その後の後遺障害認定を有利に進めることができます。

中心性脊髄損傷は,むち打ち(頸椎捻挫)と症状が似ているので,交通事故直後にむち打ちの治療を受け,回復が思わしくないため再度調べた結果,中心性頚髄損傷であると診断されることもあります。

しかし,中心性脊髄損傷が診断されたのが,交通事故からかなりの年月が経過している場合には,後遺障害として認定されない可能性もあります。

中心性脊髄損傷における後遺障害等級の認定の際に重要なのは,症状の一貫性です。
手のしびれが当初からあり,症状の改善が見られない,もしくは若干回復傾向にあるが完治していない場合は良いのですが,初めからしびれや麻痺などの症状があるにもかかわらず,我慢して誰にも言わず,記録も取っていないような場合は,後からしびれや麻痺があると主張しても不利になります。

適正な賠償額を取得するために,自覚症状を含めて治療の記録を丹念に取ることをお勧めいたします。

 

 
Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.