愛知名古屋 交通事故の損害賠償請求・慰謝料請求専門の弁護士 法律事務所「虎ノ門法律経済事務所-名古屋」

名古屋支店交通事故

文字サイズ
文字サイズ 小
文字サイズ 標準
文字サイズ 大

サイトマップからページを探す

交通事故の場合には,どのように診察を受けたらよいの?

2015-07-14

名古屋市天白区で発生した交通事故

名古屋市在住のWさんは,名古屋市天白区の路上で,信号待ちをしている中追突されるという交通事故に遭ってしまいました。

Wさんは,上記交通事故により,むちうちになってしまいました。

Wさんは,万が一むち打ちの後遺症になった場合には,適切な損害賠償を請求したいと思っています。

Wさんは,適切な損害賠償を請求するために,どのように医療機関に通えば良いのか相談するため,弁護士事務所の無料法律相談に行きました。

 

医師に症状を正確に伝える必要があります。

医師に,交通事故の状況や,表われている症状を,正確に伝える必要があります。

医師からの問診では,交通事故状況,衝突時の身体状況,衝突時の意識の有無,現在の症状を正確に伝えるようにしてください。

また,交通事故による受傷以前から痛みが存在する場合には,その傷害が治療中だったのか,そうではなかったのか,交通事故によって生じた痛みはどの部分なのかも,正確に伝える必要があります。

 

医師による各種テストを受ける必要があります。

痛みが残っている場合には,医師による各種テストを受ける必要があります。

むち打ちの場合に実施されるテストは,ジャクソンテスト,スパーリングテスト,反射検査等があります。

これらテストは,まずは交通事故直後に行い,どういった症状があったのかを記録に残す必要がありますので,是非受けるようにしてください。

Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.