愛知名古屋 交通事故の損害賠償請求・慰謝料請求専門の弁護士 法律事務所「虎ノ門法律経済事務所-名古屋」

名古屋支店交通事故

文字サイズ
文字サイズ 小
文字サイズ 標準
文字サイズ 大

サイトマップからページを探す

後遺障害の認定は,どう申請するの?

2015-01-20

名古屋市瑞穂区で発生した交通事故

名古屋市在住のDさんは,名古屋市瑞穂区で発生した交通事故によって,受傷し,症状が残ってしまいました。

Dさんは,交通事故の損害賠償を請求するために,後遺障害の認定を申請しようとしました。

Dさんは,後遺障害の認定手続について知りたいと思い,弁護士事務所の無料相談に行きました。

 

後遺障害認定手続の必要書類 後遺障害診断書

後遺障害の認定手続は,交通事故による受傷から6か月が経過した後に,申請することができます。

後遺障害の認定を受けるためには,まず,治療先の主治医から,後遺障害診断書を発行してもらう必要があります。

交通事故を原因とする後遺障害診断書は,自賠法で決められた様式がありますので,主治医には,その様式で診断書を作成してもらえるよう,依頼する必要があります。

 

後遺障害認定手続の必要書類 レントゲン,CT,MRI

後遺障害認定を受けるためには,受傷直後と症状固定時に撮影された,レントゲン,CT,MRIの画像が必要です。

これは主治医が保管していますので,後遺障害認定のために必要だと言って,主治医から借り受ける必要があります。

 

これら必要書類を揃えたうえで,加害者が加入する自賠責保険に郵送することになります。

40日ほどで,後遺障害認定結果が出ることになるでしょう。

 

Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.