愛知名古屋 交通事故の損害賠償請求・慰謝料請求専門の弁護士 法律事務所「虎ノ門法律経済事務所-名古屋」

名古屋支店交通事故

文字サイズ
文字サイズ 小
文字サイズ 標準
文字サイズ 大

サイトマップからページを探す

交通事故の損害にはどのようなものがあるの?

2014-12-06

名古屋市緑区で発生した交通事故

Iさんは,名古屋市緑区で発生した交通事故によって,傷害を負いました。

Iさんは,適切な損害賠償を受けるため,弁護士事務所の無料相談に行きました。

Iさんは,交通事故の場合に,どのような損害について賠償を受けられるのかを知りたいようです。

 

人身事故の場合の損害

人身事故の場合の損害は,「財産的損害」と「精神的損害」に分けられます。

このうち,「財産的損害」とは,交通事故によって生じた財産的・経済的な損害のことをいいます。

この「財産的損害」には,「積極損害」と「消極損害」があります。

また,「精神的損害」とは,交通事故によって被害者が感じた精神的苦痛を損害としたもので,一般的には慰謝料と読み替えることもできます。

 

傷害を負った場合の損害

交通事故により傷害を負った場合の「財産的損害」のうち,「積極損害」としては,治療費,付添看護日,入院雑費,通院交通費等が認められる可能性があります。

また,交通事故により傷害を負った場合の「財産的損害」のうち,「消極損害」としては,治療のために仕事を休んだことによる休業損害が認められる可能性があります。

他方,交通事故により負傷したことで,被害者は精神的苦痛を負いますので,「精神的損害」として傷害慰謝料が認められる可能性もあります。

 

後遺障害を負った場合の損害

交通事故により後遺障害を負った場合には,その後遺障害を原因として,労働能力が喪失する場合があります。

この場合には,「財産的損害」のうちの「消極損害」として,後遺障害による逸失利益が認められます。

また,交通事故の被害者は,後遺障害を負ったことで,将来にわたって継続的に精神的苦痛を負いますので,将来にわたる精神的損害に対する賠償として,後遺障害慰謝料が認められます。

Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.