愛知名古屋 交通事故の損害賠償請求・慰謝料請求専門の弁護士 法律事務所「虎ノ門法律経済事務所-名古屋」

名古屋支店交通事故

文字サイズ
文字サイズ 小
文字サイズ 標準
文字サイズ 大

サイトマップからページを探す

保険会社から,症状固定だと言われたけど?

2015-02-27

名古屋市中村区で発生した交通事故

名古屋市在住のHさんは,名古屋市中村区で交通事故に遭い,怪我を負ってしまいました。

Hさんは,交通事故による怪我の治療のため,通院していましたが,保険会社から,今月をもって症状固定ですと言われました。

Hさんは,症状固定の意味が分からなかったため,弁護士事務所の無料相談に行きました。

 

症状固定とは?

症状固定とは,相当の治療期間を経たうえで,これ以上の治療効果が認められないことをいいます。

通常,交通事故から6か月が経過した後に,症状固定と診断されることになります。

医師から症状固定の診断を受けた後,後遺障害の認定手続に入ります。

 

治療費は,症状固定まで支払われます。

交通事故の被害者は,加害者側の保険会社から治療費が支払われますが,これは,症状固定までです。

症状固定後は,通院を続けたとしても,その治療費は,交通事故による損害の範囲とは認められず,保険会社から支払われなくなります。

したがって,交通事故の被害者としては,いつまで治療費を支払ってもらいたいか,どの時点で後遺障害の認定を受けるのかについて総合的に考えて,医師と相談の上,症状固定の診断を受け,後遺障害認定手続のための診断書を作成してもらう必要があります。

まだ治療を継続しているにもかかわらず,保険会社から症状固定と通告された場合には,医師と相談のうえ,症状固定に至っていないことを立証することが必要となる場合もあるでしょう。

Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.