愛知名古屋 交通事故の損害賠償請求・慰謝料請求専門の弁護士 法律事務所「虎ノ門法律経済事務所-名古屋」

名古屋支店交通事故

文字サイズ
文字サイズ 小
文字サイズ 標準
文字サイズ 大

サイトマップからページを探す

駐車させていただけの相手にも過失が認められる?

2014-12-02

名古屋市昭和区で発生した交通事故

名古屋市在住のEさんは,名古屋市昭和区において,駐車中の車に衝突してしまいました。

Eさんは,駐車していた人から,止まっている車に衝突したのだから,全ての責任はEさんにあると言われました。

Eさんは,本当に全ての責任が自分にあるのかを確かめるため,弁護士事務所の無料相談に行きました。

 

駐車していただけの人にも過失が認められる場合があります。

止まっている車にぶつかった方が全面的に悪い,駐車していただけの人には過失はない,と言われることがありますが,必ずしもそうではありません。

駐車していただけの人にも,駐車していたことについて何らかの過失が認められ,それが事故の一因となった場合には,不法行為責任を免れることはできません。

 

どのような場合に過失が認められるか。

とはいえ,大原則は,駐車されている車に衝突した場合には,衝突した人に100%の過失があることになります。

しかしながら,例えば,違法駐車をしていた人には,およそ10%の過失があるとされることが多いです(過失割合90:10)。また,車道を大きく塞ぐ方法等駐停車方法が不適切であった人にも,およそ10%から20%の過失があるとされることが多いです。

このように,事故現場の状況,駐車の態様,衝突した人の運転の態様等に事情によって,過失割合が決定されることになります。

Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.