愛知名古屋 交通事故の損害賠償請求・慰謝料請求専門の弁護士 法律事務所「虎ノ門法律経済事務所-名古屋」

名古屋支店交通事故

文字サイズ
文字サイズ 小
文字サイズ 標準
文字サイズ 大

サイトマップからページを探す

手指を切断した場合に,後遺障害は認められる?

2015-02-09

名古屋市北区で発生した交通事故

名古屋市在住のTさんは,名古屋市北区で発生した交通事故により,切断してしまいました。

Tさんは,切断したことが,後遺障害として認められるかを確かめるため,弁護士事務所の無料相談に行きました。

 

指を切断した場合には,後遺障害が認められます。

交通事故により切断された場合,鋭利な刃物で切断された場合と比べ,再接着の成功率は低くなります。

切断した場合には,その長さや部位によって,認められる後遺障害が異なってきます。

 

手指の欠損障害による後遺障害等級

機能的な観点から,一番重要なのは,親指です。

親指を切断した場合には,後遺障害等級9級12号が認められます。

中指,薬指,人差し指については,第1関節を超えて失った場合には,後遺障害等級11級8号が認められます。

小指については,第1関節を超えて失った場合には,後遺障害等級12級9号が認められます。

なお,親指以外では,第1関節より先の2分の1以上を失った場合には,後遺障害等級14級6号が認められることになります。

 

指を切断した場合には

切断した場合でも,神経や血管の接合によって,再接着できる可能性があります。

切断した場合には,指を氷詰めにして,すぐに病院に行くことをお勧めします。

Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.