愛知名古屋 交通事故の損害賠償請求・慰謝料請求専門の弁護士 法律事務所「虎ノ門法律経済事務所-名古屋」

名古屋支店交通事故

文字サイズ
文字サイズ 小
文字サイズ 標準
文字サイズ 大

サイトマップからページを探す

死亡逸失利益から,税金は控除される?

2015-03-19

名古屋市守山区で発生した交通事故

名古屋市在住のWさんは,名古屋市守山区で交通事故に遭い,亡くなってしまいました。

Wさんの遺族は,交通事故を原因とする損害賠償として,死亡逸失利益を請求しました。

Wさんの遺族は,死亡逸失利益には,生活費控除等の制度があることを聞き,税金も損害額から控除されるのか確かめるため,弁護士事務所の無料相談に行きました。

 

死亡逸失利益から控除されるものがある?

交通事故で死亡したことにより,被害者が生存していれば生じた経費が発生しなくなる分については,死亡逸失利益の算定において控除されます。

代表的なものとして,生活費控除があります。

では,死亡逸失利益の算定にあたっては,税金は控除されるのでしょうか。

将来の税金は,交通事故に遭わなければ得られた収入に対して課されるものですから,死亡逸失利益の算定にあたっては,課税額相当分を控除すべきとの考え方も成り立ちます。

 

税金は控除されません。

しかしながら,

税金は,法律で定められた要件に従って納付義務を負担するものであり,課税額相当額の利得は,不法行為を直接の原因として生じたものではないこと

逸失利益は所得税の対象となる「所得」ではないこと

所得税法は損害賠償金を非課税としていること

社会状況によって税率の変動が激しく,長期にわたる税額の予測自体極めて困難であること

を理由として,税金は死亡逸失利益の算定にあたっては控除されないものと判断した裁判例があります。

Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.