愛知名古屋 交通事故の損害賠償請求・慰謝料請求専門の弁護士 法律事務所「虎ノ門法律経済事務所-名古屋」

名古屋支店交通事故

文字サイズ
文字サイズ 小
文字サイズ 標準
文字サイズ 大

サイトマップからページを探す

自賠責保険とは

 
自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)とは、加入が義務づけられている強制保険で、未加入自動車を運転すると罰則があります。
通常は車検と同時に加入するものなので、特に意識しなくとも自賠責保険に加入しています。

車検をとおさず乗り回している車や、原付自転車のように車検手続きがない場合は、加入漏れの可能性があります。
 

①自分がけがをした場合、物を壊してしまった場合は補償されない

自賠責保険は、他人を死傷させてしまった際、その損害賠償責任を補償する保険です。

自分のけがなどの損害については補償されません。
また物損についても補償の対象外となります。
 

②支払額の限度が小さい

自賠責保険は、最低限の補償をするための保険です。

自賠責保険から支払われる保険金だけでは、被害者の被害額すべてをまかなうには不十分なことが多いです。
 

③過失相殺について特殊な扱いがある

自賠責保険は、被害者に重大な過失がある場合のみ一定の減額があるだけで、被害者の過失が7割未満の場合は、保険金の過失相殺による減額がありません。

そこで、被害者の過失割合が大きい場合は、任意保険から支払われる保険金より、自賠責保険から支払われる保険金のほうが有利であることもあります。
 

過失割合  後遺障害・死亡  けが 
7割未満 減額なし 減額なし
7割以上8割未満  2割減額   2割減額
8割以上9割未満 3割減額
9割以上10割未満 5割減額

 

④因果関係不明の場合について特殊な扱いがある

自賠責保険では、事故とけがの間に因果関係があるかどうかの判断が困難な場合に、5割の減額によって支払うという特殊な取り扱いがあります。
 

請求方法

①被害者が直接請求する場合
被害者が直接請求する方法を、被害者請求といいます。

被害者請求をする場合は、交通事故証明書に記載されている加害者が加入している自賠責保険会社に連絡し、被害者請求にあたって必要な書類を取り寄せて請求します。
 
②加害者の任意保険会社から支払われる場合
加害者の任意保険会社が、自賠責保険分とあわせて支払う方法があります(一括払い)。
この場合は、加害者の任意保険会社が窓口となります。
 

自賠責保険の異議申立て

交通事故と、被害者が負ったけがとの因果関係の有無や、事故によるけがの後遺障害が残った場合の後遺障害の等級の決定などは、自賠責保険の手続の中で行われます。

因果関係の有無や後遺障害の等級の決定などに納得がいかない場合は、異議申立てをすることができます。
 

自動車損害賠償補償事業

自動車損害賠償補償事業とは、加害者が自賠責保険に未加入であったり、ひき逃げにあってしまって加害者が特定できないなどの場合に、政府が被害者の請求に応じて、自賠責保険と同様の限度額まで補償する制度です。

 

 
Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.